ゆらぎ肌とは、体調やストレス、
季節的な要因等により、
肌のバリアが弱まってしまうことで、
刺激に対し敏感になり、
トラブルを起こしてしまう状態の肌のこと。
誰でも起こる症状の一つ。

[ゆらぎ肌はどんな肌質でも注意!]

ゆらぎ
  • ※明確な定義はありませんが、様々な環境因子に対して、かゆみ・ほてり・痛み・発赤・発疹などの症状を呈しやすい肌のことで、医学的には接触性皮膚炎を起こしやすい肌を指すことが多いとされます。

[うるおってバリア機能が正常な肌]

  • 水分と油分のバランスによってバリア機能を保っています。水分がしっかり満ちていることで、刺激や異物の侵入を防ぎつつ、油分が内側の水分を肌にとどめています。

[乾燥してバリア機能が低下した肌]

  • 水分が不足し乾燥すると、外部からの刺激を受けやすい状態になって肌が荒れたり、水分と油分のバランスが崩れて肌トラブルの原因に…。ターンオーバーも乱れ、肌がざらついたり、ニキビができることも。

ゆらぎ肌の原因

1.外的要因によるもの

  • 季節性のもの
    春なら花粉やPM2.5の付着、夏は紫外線、冬なら大気中の水分量の低下による乾燥
  • 顔周りの刺激
    スタイリング剤を付けた髪の毛や、チクチクとしたニットなどの異物の刺激
  • 環境の変化
    エアコンによる急激な温度変化、過酷な紫外線、パソコン・スマホなどのブルーライトの影響

2.内的要因によるもの

  • ホルモンの周期
    年齢、妊娠、生理などによる肌のターンオーバーの乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ
    ストレスにより血管が収縮、肌まで血液が栄養を届けられなくなることでターンオーバーの乱れ、くすみに。皮脂の過剰分泌。
  • 栄養バランス
    腸内環境が崩れると、肌の水分量も低下。またタンパク質をつくる成分が不足すると肌への栄養が滞る。
  • 状態や原因は様々ですが、こうした肌トラブルを招いているのはバリア機能が働かない「水分不足」。
    常に内外からのストレスにさらされる私たちの肌には、肌本来の美しくなる力をしっかりサポートするケアが必要です。

Q&A

お肌Q&A